Kmiyacooo diary

スコットランドのアバディーンでのんびり生活。気が向いた時にブログ更新してます。

子どもと平日の過ごし方

日本にいる友達から海外では平日子どもとどう過ごしてるの?と聞かれます。

 

子どもが産まれてから、プレイグループに行くようになりました。

子どもが生後2ヵ月の後半から通っています。

私の1週間↓

 

月:教会のプレイグループ or 友達と会う

火:Book Bug(生後3ヵ月~)or 友達と会う

水:教会でリトミック

木:コミュニティーセンターのプレイグループ (生後2ヵ月後半~)

金:教会でリトミック (生後3ヵ月~)

 

 

現在はこんな感じです。

天気が悪い、子どもが風邪気味、家でのんびり過ごしたいと思った時は

プレイグループに参加しないこともあるし、他の予定があればそちらを優先する

こともあります。

月齢が低い時は週1,2程度でプレイグループに参加していました。

私が家でじっとしていられないタイプなので、子どもと一緒に外出ることが

多かったです。子どもも外出すると泣きやむし、嬉しそうにしていました。

現在、私はプレイグループで色んな国のママ友と交流し、色んな情報を得ることが

出来て楽しいです。

子ども(現在9ヶ月)もプレイグループ行くとおもちゃがいっぱいあるし、

お友達と一緒に遊んで楽しそうです。

もちろん仲の良い日本人のママ友も数人いて、月1で会ったり、連絡取ったり

しています。住んでいるエリアが離れているので頻繁には会えないけれど、

会う時がとっても楽しみです♪

 

子育ては大変なこともあるけれど、リフレッシュ方法を見つけて生活するのが

大切だと感じています。

 

プレイグループ(子どもが5ヵ月の時の写真)↓

 

f:id:kmiyacooo:20181209143752j:plain 

お友達とリラックスムード☆彡

 

歯の検診

先日、私と息子(9ヶ月)で歯医者行ってきました。

通常イギリスでは歯医者はお金が掛かります。

但し、18歳未満の子ども、妊娠中・出産後1年後の女性は無料。

 

私は妊娠中から検診に行ってました。妊娠中に初めて検診を受けた際、

歯ぎしりがあるのでマウスピースを勧められました。

マウスピースを作るのは£80掛かると言われ、作るのやめました。。。

日本で作ることにしました。

私は親知らずが3本あるので、抜いた方がいいのではないかと聞くと、

痛みがあれば抜くとのことでした。

日本では親知らずは虫歯になりやすい歯なので、抜くことを推奨しているようで、

麻酔をかけて抜くので、妊娠中の場合は母体の状況を見ながら対応するようですね。

虫歯はなく、歯石の除去・ホワイトニングで終わりました。

 

その後、出産後すぐと今月行きました。

どちらも歯石の除去・ホワイトニングで終わりました。

今は断乳していますが、特に親知らずを抜くことは言われず。。。

確かに特に歯が痛いわけではないので、日本の歯医者で親知らず抜こうと思います。

 

こちらでは子どもでもフッ素(Fluorine)入りの歯磨き粉を推奨しています。

子どものために歯ブラシ&歯磨き粉のセットを頂きました。

 

f:id:kmiyacooo:20181125115526j:plain

 

ちなみに私が通う歯医者は予約が取りやすく、場所によっては予約が取りづらいと聞いたことあります。

受付の方の対応もスムーズだし、先生も感じいいです。

 

 

Tony Macaroni

私が友達と月1ペースでランチに行くイタリアンレストラン。
今年の8月末アバディーンにオープンしたお店。

値段は手頃で味も結構イケる!
f:id:kmiyacooo:20181205112635j:plain


f:id:kmiyacooo:20181205112745j:plain

私の友達(女性)は一人で週2で一時期行ってたらしい。笑。
週2でイタリアンは私はちょっとヘビーだな。笑。

オムツ交換スペースもあるので、もちろん子連れOK!!!
近くに買い物出来たり、小さいプレイエリアのあるBon Accordという場所があるので、子連れに便利。
恐らく来月も行くと思います。常連!笑

サンタ&トナカイがやってきた!

アバディーンの中心地にトナカイがやってきた!

メインストリートをサンタ&トナカイがパレードするということで

早速見に行きました。

東京じゃ見ない光景。。。

f:id:kmiyacooo:20181208145900j:plain

 

サンタさーん、こっち向いてよ~!!!

 

f:id:kmiyacooo:20181208145932j:plain

 

道路をトナカイが歩いてる!!!

 

パレード終了後はサンタと写真を撮る&プレゼントをもらいにTorinity Centreへ行きました。

 

f:id:kmiyacooo:20181208150240j:plain

 

角すごいなぁ☆彡

 

f:id:kmiyacooo:20181208150425j:plain

うちの子寝てる。。。サンタと写真撮る時いつも寝てる。。。笑

 

f:id:kmiyacooo:20181208151815j:plain

プレセントは絵本&トナカイの被り物。絵本は食べ物じゃないぞ~!

アバディーンでの産後について

産後の入院期間は2日でした。

私は1日で退院する気満々でしたが、

貧血で顔が青白かったり、母乳が出なかったため(結局、混合にした)、

すぐに退院させてもらえず。。。日本より入院期間短いかもしれないけれど、

私は2日で十分に感じました。隣の人は3人目の出産&無痛分娩で半日で退院!!!

 

うちのベビーは検査、身体測定の時を除いてずっと私の横にいました。

夜中の病室でベビーはギャン泣き。。。

ナースは優しくて、「夜中泣いたらナースコール押してね」って言ってくれました。

何度ボタンを押したことか。。。苦笑

 

入院中の2日間で、母乳のあげ方・沐浴・オムツの替え方等教えてもらいました。

出産して感じたのは意外とケアが手厚いということ。

産後、不安あって病室で1度泣いたけれど、看護師が落ち着くまでずっと付き添って慰めてくれたり。。。

退院してから1ヶ月の間、ミッドワイフ(4回)やヘルスビジター(3回)が家庭訪問に来て、産後のケアをしてくれて本当に心強かったです。

 

↓病院食載せておきます↓

f:id:kmiyacooo:20181123115246j:plain

 

味はおいしいとは言えないけど、まぁまぁでした。

アバディーンでの妊娠~出産

振り返ってみたいと思います。

2017年6月
妊娠発覚。友人とエディンバラ旅行。

2017年7月
初めてミッドワイフ(助産師)との面談。
パリ旅行。エディンバラ旅行。

2017年8月
初のスキャン。←日本でいうエコー検査。

2017年9月
ミッドワイフの検診。
歯の検診。


2017年10月
2回目のスキャン。
通常スコットランドでスキャンは2回のみ。私の住むエリアはベビーの性別を教えてくれない。
プライベートクリニックでスキャンすれば、お金払うのでもちろん性別もわかります。
私はこっちでオプションスキャンはしませんでした。
インフルエンザの予防接種受けました。
この頃から、プール通い始めました。気持ちよかったー!
母とエディンバラ旅行。

2017年11月
ミッドワイフ検診。
ドイツ旅行。
100日咳予防接種。


2017年12月
日本へ一時帰国。
この時、日本の産婦人科で検診受けて、エコー検査もあったので性別ここで知りました。
日本では当たり前だろうけど、子宮頸管の長さのチェックあってビックリしました。
スコットランドでは内診ないです。
子宮頸管短い人どうなっちゃうんだろうと思い、スコットランド人の医療関係の友達に聞いたら、リラックスして過ごすのが大事と言われました。

2018年1月
ミッドワイフ検診。
出産方法を学ぶクラス、母乳育児・オムツ替え・ベビーの抱き方等を学ぶクラス参加しました。

2018年2月
出産日の前日の昼間はいつもと変わらず街中へ外出。
その夜に陣痛きて約1時間家で格闘。その後病院へ。約1時間後の午前0時半過ぎに出産。
振り返れば、あっという間の出来事だったな。
水中分娩希望でしたが、間に合わず。。。
会陰裂傷4度で産後すぐ下半身麻酔して手術しました。(約1時間)
主人もオペ室に入ることが出来て、隣で見守ってました。オペ室はラテンの曲が流れていて、
皆リラックスムード。
手術になると思わなかったので、焦りました。手術の同意をするサインが必要と言われても、
きちんと理解せずに手術なんて怖いので、なかなかサイン出来ず。
この場面では電話通訳つけましたが、電波悪くてドクターとの会話がスムーズに進まず。。。
納得いかない電話通訳でしたが、こちらも話の流れで理解しました。
手術の場面が1番大変だったな。

ベビーが無事に元気に産まれてきてくれて本当によかった💓ありがとう!
現在も母子ともに元気でのんびり気の向くままにアバディーンライフしてます😄

振り返ると、アバディーンでの妊娠~出産、ストレスフリーでかなり充実してたと思います。
私はイギリスで出産してほんとによかったです♪
意外と産後のサポートも手厚かったし。
偶然相談できるママ友いたし、日本にもママ友が結構いたし、医療機関で働くスコティッシュの友達にこっちの出産のことについて聞けたからかなり心強かったです。相談にのっていただいたり、アドバイスしてくださった皆さまにほんと感謝です。
ありがとうございます!

f:id:kmiyacooo:20181122112653j:plain

子連れロングフライト不安!(日本↔アバディーン)

日本↔アバディーンに直行便はありません。

最低1回は乗継が必要。(ロンドン・パリ・アムステルダム・フランクフルト等経由)

乗継場所にもよるけれど、ロングフライトは約12~13時間、国内線で約2時間。

待ち時間等含めると約1日掛かります。。。

今回はBRITISH AIRWAYS使用、ロンドンヒースロー空港経由。

子連れの長距離移動大丈夫かなぁ。。。

 

9月中旬~11月上旬までの約1ヶ月半、日本へ一時帰国しました。

アバディーン→日本は主人もいたので、もし子ども(7ヵ月)がぐずっても2人で交代しながら

面倒見ればなんとかなる!?と思っていました。

国内線・ロングフライト共にミルクを飲ませたり、離乳食を与えていたら、

意外にも大人しかったです。

バウンサーが好きらしい。。。

ロングフライトで主人と私は少し休むことが出来ました。

 

f:id:kmiyacooo:20181205122135j:plain

 

問題は帰りの日本→アバディーン。私と子ども(8ヵ月)のみでの飛行機。

1番不安だったのはロングフライト。

人いっぱいで隣の席もいらっしゃるし、騒いだらどうしよう。。。

行きと同じようにミルクを飲ませたり、離乳食与えていたら、

基本大人しく寝てくれました。

ロングフライトで私は映画を見たり、ちょっと寝たりすることが出来ました。

しかし、ロンドン→アバディーン間の着陸時だけはぐずりました。

子どもはミルクが飲みたかったのに水を飲ませて、耳抜きさせようとした私。。。

ベビー、ごめんね。。。

ちょっと疲れたけれど、ママ+子の飛行機もなんとかなりました。

 

お手伝いしてくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

子連れロングフライトの感想は子どもが動かないうちに乗るのが楽と感じました。

うちの子はハイハイをし始めたくらいでの長旅でしたが、歩けるようになったら大変そうな気がしました。

次回のロングフライトは覚悟します。。。

 

f:id:kmiyacooo:20181205122531j:plain